頻尿改善!夜中トイレの原因や悩みを解決

夜間頻尿の原因

夜間頻尿には、大きく分けて2種類あります。
・夜間だけ頻尿になるタイプ
・夜間も頻尿になるタイプ

 

 

 

夜間だけ頻尿になるタイプ

心不全や睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。
この場合、頻尿は身体が発しているサインです。

 

 

至急、医師に相談したほうが良いでしょう。
詳しくは、こちらの記事に記載しています。
>>> 夜中にトイレ<心不全>の記事を読む
>>> 夜中にトイレ<睡眠時無呼吸症候群>の記事を読む

 

 

 

通常頻尿とは、昼夜問わず起こる現象のため、
夜間だけ頻尿になる方は、とくに注意が必要です。
逆に言うと、夜だけ頻尿の方は、
他の病気が隠れている可能性があると考えた方が良いでしょう。

 

 

 

夜間も頻尿になるタイプ

これらは、過活動膀胱、前立腺肥大に加えて、
夜間多尿、夜間膀胱容量の低下、
そして睡眠障害が要因としてあげられます。

 

 

 

夜間多尿が原因の場合

就寝前にアルコール類や水分を多量に摂取すると、
当然夜中にトイレに行きたくなります。
また、腎臓系の機能がおかしくなることで、
尿量を調整出来なくなります。
原因を特定し夜間の尿量を減らすための対策を取ります

 

 

 

膀胱容量が低下している場合

相対的に膀胱容量が小さくなってしまい、
尿を溜められない状態になっています。
膀胱の刺激を抑えるようにしたり、
膀胱容量を増やすようにするのが効果的です。

 

 

 

睡眠障害の場合

特に高齢者の方に多いですが、
睡眠が浅いため、ちょっとしたことで目を覚まします。
睡眠障害はうつ病や不眠症などの精神的な病気を
発症するリスクがあります。

 

 

頻尿以外の疾患を併発する恐れがありますので、
質の高い睡眠を得れるようにするのが効果的です。

 

 

 

 

加齢と共に夜間頻尿になる方が増えていきます。
ある意味で老化現象の一環だと言えるため、
治療しようという人が少なかったのです。
ただし原因を特定することで、症状を改善することが可能です。

 

 

 

>>> 夜間頻尿の原因<夜間多尿>のページを読む

 

>>> 頻尿改善!夜中トイレの原因を解決のトップページに戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加