頻尿改善!夜中トイレの原因や悩みを解決

女性の頻尿

女性の頻尿の原因は、主に3つです。

 

 

過活動膀胱

男女共に頻尿の原因となっています。
排尿筋が収縮することで尿量が調節できず、
頻繁にトイレに行ってしまいます。

 

 

 

主な症状としては以下です。

・急に強い尿意を感じる

・トイレの回数が増える
・トイレが我慢できなくなる
・夜中にトイレに行く

 

 

主には薬物療法での治療が一般的です。
排尿筋をリラックスさせることが、
この症状を改善するポイントになります。

 

 

 

膀胱炎

女性に多い頻尿の原因です。
膀胱炎の主な原因は、大腸菌です。
女性の身体の構造が関係しています。
尿道が短いため菌が膀胱に入りやすく、
膀胱炎になりやすいのです。

 

 

 

主な症状としては以下です。

・ 排尿時の痛み

・ 頻繁にトイレに行く
・ 排尿時の不快感
・ 血尿が出る

 

 

近頃は、耐性菌が多く存在するため、
的確な薬を選択することが重要にになっています。
また膀胱炎は再発しやすいため、
治療には専門家に相談したほうが良いでしょう。

 

 

 

正しい治療を行えば、
数日で症状を改善することが出来ます
また、水分をたっぷり取って、
トイレも我慢しないようにしましょう。

 

 

 

腹圧性尿失禁

出産した女性に多く見られる病気です。
正常な状態では、お腹に強い力がかかっても、
膀胱と骨盤底筋がバランスを取り、失禁を防ぎます。

 

 

 

ただし、加齢、出産、女性ホルモンの低下などで、
その働きが低下してしまう事があります。
その結果、膀胱や尿道が不安定になってしまい、
尿失禁が起こります

 

 

 

実に40歳以上の8人に1人が、
腹圧性尿失禁の症状があると言われています。

 

 

 

症状を改善するためには、以下の方法があります。

・骨盤底筋体操
・薬物治療
・手術を行う

 

違うように感じるかもしれませんが、
「尿漏れ」と「頻尿」はほとんど同じことです。

 

 

症状の重さにもよりますが自宅でも改善可能です。
骨盤底筋体操の方法は、以下で紹介しています。
「骨盤底筋体操」の記事を読む。

 

 

早く症状を改善して、快適な生活を送るようにしたいですね。

 

 

 

>>> 夜間頻尿と年齢のページを読む

 

>>> 頻尿改善!夜中トイレの原因を解決のトップページに戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加