頻尿改善!夜中トイレの原因や悩みを解決

男性の頻尿

男性の頻尿の原因は、主に2つあります。

 

夜中にトイレで起きるってツライですよね・・・・
 

 

前立腺肥大

膀胱の下にある男性特有の臓器です。
尿道を囲うように存在しています。
年齢と共に肥大するのが普通のため、
中高年以上の方に多い頻尿の原因と言えます。

 

 

 

また、前立腺が肥大すると、
以下の症状も併発します。

・尿がすべて出るまで時間がかかる
・尿が漏れやすくなる
・力まないと尿が出ない
・トイレに行った後も残尿感がある

 

 

これらが起こるメカニズムは以下です。

前立腺が肥大する

尿道が圧迫される

尿の通り道が狭くなる

尿が出にくくなる

様々な症状が発生

症状によって「治療が必要」というわけでは有りません。

 

ただし治療することで症状が改善出来ますので、
一度専門家に見てもらった方が良いと思います。

 

 

 

これに似た初期症状を持つ病気に
「前立腺がん」があります。
こちらは進行すると、血尿や骨への転移により
腰痛などの症状が現れます。

 

 

 

もう1つは、男女問わず
多くの方の頻尿の原因となっている病気です。

 

 

過活動膀胱

排尿筋が過剰に収縮するため、
すぐにトイレに行きたくなります。
調査では約810万人の方がこの病気で悩んでいる
ことが分かりました。

 

 

その他の症状として、

・急に強い尿意を感じる

・トイレの回数が増える
・トイレが我慢できなくなる
・夜中にトイレに行く

 

排尿筋は、自分の意思では、
動かすことが出来ません。
そのため、過活動膀胱になると、
自分の意思で排尿を制御出来なくなります

 

 

 

その結果、いつでもどこでもトイレのことを考えてしまい、
生活の質が著しく低下します。
漏らしてしまうリスクが高くなるため、
外出するのも億劫になって来ます。

 

 

 

治療は、薬物療法を用いるのが一般的です。
排尿筋をリラックスさせることで症状が改善出来ます

 

 

 

>>> 女性の頻尿のページを読む

 

>>> 頻尿改善!夜中トイレの原因を解決のトップページに戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加