頻尿改善!夜中トイレの原因や悩みを解決

頻尿の改善<生活指導>

 

 

生活指導とは、日常生活で何気なく行っている行動を見直し
頻尿の発生を防ぐ方法です。
普段からこうした行動をとっている場合は、
習慣を改善したほうが良いです。

 

頻尿の原因となる行動

・水分の過剰摂取
・カフェイン(コーヒーやお茶)の過剰摂取
・刺激物摂取(辛いもの・酸っぱいもの)

 

脳梗塞や虚血性心臓病予防のために、
水分を過剰摂取している方がいます。
ただし、飲み過ぎは腎臓に負担がかかるだけでなく、
頻尿の原因にもなります
やり過ぎは何事も毒です。
ほどほどにしましょう。

 

 

 

また、カフェインは利尿作用がありますので、
飲みすぎるとトイレが近くなります。
これらを制限することで改善出来る可能性があります。

 

 

 

「何かを摂取する」という行動以外にも
以下のことを意識するようにしましょう。

 

家の付近や外出時に備えて

・トイレが近くにある生活環境
・外出時にトイレの位置を把握しておく
・ポータブルトイレ、採尿器の使用

 

トイレの不安を解消することで、
頻尿の症状や不安を有る程度抑える事が可能です。
とりわけ、外出時にトイレを探すと言う行為は、
とても大変です。
普段から、トイレの位置を把握しておくか、
携帯することで精神的な不安が和らぎます。

 

 

 

 

適度な運動をするのも効果的です。
夕方に速足のウォーキングをすることで、
睡眠が深くなり夜間頻尿が改善されることが報告されています。
夜間頻尿で悩んでいる方は、
30分以上の運動を心がけてみてください。

 

 

 

有る程度足に筋肉が付くことで、
下半身の血流が良くなり、頻尿の改善が期待出来ます。
また、汗をかくことで尿の量も減ります。
一般的に、運動をしている人は、していない人に比べて、
夜中にトイレに行く確率が低いです。

 

 

 

運動には、睡眠の質向上と頻尿の改善の効果があります。
私も運動不足で下半身の筋肉が少なかったです。
このままではマズイ!と思ったので、
筋トレして筋肉をつけました。

 

 

 

>>> 夜中にトイレ<心不全>のページを読む

 

>>> 頻尿改善!夜中トイレの原因を解決のトップページに戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加