頻尿改善!夜中トイレの原因や悩みを解決

膀胱訓練の注意点

膀胱訓練は誰でも行って良いわけではありません
この点、注意が必要です。

 

 

膀胱訓練に適している人

頻尿以外の症状がない神経性頻尿の方は、
この訓練に適しています。

 

症状例

・小さい頃から頻繁にトイレに行く人
・少しでも尿意を感じるとトイレに行きたくなる人
・尿が漏れるのが怖いので、すぐにトイレに行く人
・一度気になり出すとすぐにトイレに行く人
・緊張するとトイレに行きたくなる人

 

他の病気を併発している可能性が低いため、
膀胱訓練に適していると言えます。
頻尿症状を改善できる可能性があります。

 

 

 

膀胱訓練の目的は、計画的に排尿行為を減らすことで、
膀胱に溜められる尿の量を増やすことです。
膀胱の容量は年齢や人により異なりますが、
一般的に以下だと言われています。

 

成人女性の場合:200~300ml
成人男性の場合:300~400ml

 

 

 

あくまで目安です。
これ以下の人もいますし、それ以上の方もいます。
計量カップに1回分の尿を摂取することで、
自分の膀胱の尿量を簡単に確認することが出来ます。

 

 

ただし目安尿量を比較して極端に尿量が少ない人は、
膀胱訓練が有効である場合があります

 

 

 

膀胱訓練に適していない人

 

・膀胱炎の人(細菌感染によって起こっている)
・前立腺肥大症の人(尿が出づらい症状がある)
・過活動膀胱の人(突然我慢できないほどの尿意がある)
・間質性膀胱炎(排尿時等に痛みを感じる)

 

これらの症状がある方は膀胱訓練に適していません!
自分の判断だけで訓練を始めないようにしましょう。
あくまで医師の診断の基、膀胱訓練を始めるようにしましょう。

 

 

 

生半可な知識で始めたばかりに余計な病気を引き起こしてしまっては、
何のために訓練を始めたのか分かりません
その結果、余計頻尿が悪化する可能性もあります。

 

 

 

>>> 頻尿の改善<骨盤底筋体操>のページを読む

 

>>> 頻尿改善!夜中トイレの原因を解決のトップページに戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加