頻尿改善!夜中トイレの原因や悩みを解決

頻尿を改善する方法を知る

頻尿を治療するためには、以下2つの方法があります。

 

頻尿を改善する方法

 

行動療法は、以下の3つに分類することが出来ます。
膀胱訓練
骨盤底筋体操
生活指導

 

これらは別のページで紹介しています。
興味がある方は、参考にしてみてください。

 

 

 

一般的な医療機関では薬物療法での治療が多いと聞きます。
「薬物療法」と「市販薬」は似ていますが少し異なります。

 

ちなみに私が最初に試したのは、市販薬でした。
確かに症状は一時的に改善しました。
でも、根本的な対策にならないと感じました。

 

 

 

人によって頻尿の原因が異なりますので、
まずは検査をして、原因を特定します。

 

頻尿を理由に医療機関に行った場合、以下の工程で進みます。

 

病院で検査する順番

1:検尿
2:採血
3:残尿測定

 

1:検尿

小学校の頃〜社会人になっても毎年1回は行っていますよね?
あの検尿です。

 

もしも尿に膿が混ざっている場合、
膀胱炎を始め尿路感染の可能性が高いと判断出来ます。
そのため、頻尿の原因として「尿路感染」が当てはまると考えます。

 

 

 

2:採血

血液から前立腺特異抗原の値をチェックします。
もしも正常範囲を超えている場合、
前立腺がんの疑いが出てきます。
前立腺がんを発症した場合、

 

 

ほぼ同時に前立腺肥大症も合併します。
「前立腺肥大症」は頻尿の原因の1つです。
PSA検査を行います。

 

 

 

紛らわしいのですが、前立腺がんは、
初期から中期にかけて特異な症状がありません。
頻尿、夜間頻尿、排尿困難、残尿感などの症状が現れます。
採血(PSA検査)を行う事で、
前立腺がんの早期発見に繋がります。

 

 

 

私の会社では、35歳以上の社員は、
「人間ドック」を毎年受けることが義務化されています。
それ以下の社員は、健康診断とは名ばかりで、
身体測定と同じです。
あまり、意味がありません。

 

 

 

ただし、体のことを考えるなら、
オプションで採血等をした方が良いと思います。

 

 

3:残尿検査

トイレに行った後も「まだおしっこが出そうな気がする」
それが残尿感です。
検査方法は、排尿後の膀胱内に
どれくらい尿が残っているかを調べます。
この検査で前立腺肥大、神経因性膀胱の有無が分かります

 

 

 

受診する病院により、治療方法が異なります。
どの方法が最も自分に合っているのかは、
実際に試してみないと分かりません。

 

 

 

>>> 頻尿の改善<薬物療法と市販薬>のページを読む

 

>>> 頻尿改善!夜中トイレの原因を解決のトップページに戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加