頻尿改善!夜中トイレの原因や悩みを解決

残尿感

おしっこをしたばかりなのに、まだ出る気がする。
ただ、実際には出ない。
でもまだおしっこが残っている気がする。
この症状を残尿感と言います。

 

この場合、実際に尿が残っていることは、ほとんどありません。

 

 

 

残尿感の原因として考えられるのは、以下です。

残尿感の代表的な原因

・膀胱炎(女性に多い)
・慢性前立腺炎
・前立腺肥大症

 

膀胱炎の場合

この残尿感を引き起こす膀胱炎は、女性に多いです。
そして、残尿感が炎症に伴い発症する時と
炎症がハッキリせずに出てくる時があります。

 

 

 

この場合は、排尿時に痛みを感じたり、
トイレが近くなったりします
それと同時に残尿感が出てくることがあります。
女性の膀胱炎の多くは、大腸炎が原因で発症します。
ただし、抗菌薬で治療すれば数日で症状を改善出来ます

 

 

 

男性の場合は、慢性前立腺炎と前立線肥大症が、
代表的な病気です。

 

 

慢性前立腺炎の場合

この慢性前立腺炎が原因で残尿感を感じる場合、
炎症がハッキリしないまま、症状が表れると言う特徴があります。
もちろん、ハッキリと炎症があり、発症する時もあります。

 

 

 

多くの場合は、頻繁にトイレに行ったり(頻尿)、
下腹部または会陰部の不快感を伴います。
30〜50代の方に多く見られます。
原因が無数にあるため、特定が難しいのも特徴です。

 

 

 

抗菌薬や、抗炎症薬などを使って治療します。
この症状は、すぐには改善出来ないため、
長期間取り組む必要があります。

 

 

 

前立腺肥大症の場合

男性特有の病気です。
前立腺が肥大することで、尿道が閉塞されます。
また膀胱が刺激されやすくなるため、頻尿と残尿感が起こります

 

 

 

頻尿外来では「国際前立腺肥大症状スコア」をよく用います。
残尿感の有無とその回数が調査項目に含まれています。
この得点が一定以上有り、排尿症状に不満がある場合は、
前立腺肥大症に対する薬物治療が必要になります。

 

 

 

代表的な薬としては、
アルファ受容体遮断薬とアルファ還元酵素阻害薬です。

 

 

 

それ以外にも更年期障害の一つとして、
残尿の症状が出てくる場合があります。
これは女性の更年期に見られる特徴の一つです。

 

 

 

>>> 尿を我慢しすぎるとのページを読む

 

>>> 頻尿改善!夜中トイレの原因を解決のトップページに戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加