頻尿改善!夜中トイレの原因や悩みを解決

夜中にトイレ<睡眠時無呼吸症候群>

近年分かった事ですが、夜中にトイレで起きる人は、
睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。
寝る時にいびきをかいている人は、
無呼吸症候群の前兆だと考えてよいでしょう。
もしも該当する場合は早々に改善しないとマズイです。

 

 

 

いびきには有害ないびき無害ないびきがあります。
「有害ないびき」って何でしょうか?

 

有害ないびき

・イビキ音が高い
・イビキとイビキの間に無呼吸がある

 

 

 

でも、いびきって自覚しづらいですよね。
自分だけでは絶対に気付きません。
一緒にいる人が指摘してくれれば良いのですが、
一人暮らしの場合は、難しいですよね。

 

 

 

ちなみに無呼吸症候群の人は以下の症状が現れます。

 

起きている時の症状

・日中傾眠、記憶力や集中力が低下する。
・起床時に頭痛や頭重感がある。
・性欲が低下する。またEDになる。
・抑うつ状態になる。

 

 

寝ている時の症状

・いびきと呼吸停止
・異常体動
・不眠になる。中途覚醒する。
・夜中トイレで起きる。

 

 

 

これらの症状が当てはまり、夜中にトイレで起きる人は、
睡眠時無呼吸症候群を疑った方が良いでしょう

 

 

 

でもなぜ睡眠時無呼吸症候群だと、
頻尿になるんでしょうか?
それは、以下の理由だと考えられています。

 

睡眠時無呼吸症候群と頻尿のメカニズム

無呼吸になる

心臓に負担がかかる

循環血液量を減らすために利尿ホルモンが出る

夜中にトイレで起きる(夜間頻尿)

夜中頻尿だけでも十分しんどいです。
ただし、この病気が恐ろしい理由はこれだけではなく、
以下を合併する可能性が非常に高いことにあります。

 

 

睡眠時無呼吸症候群の合併症

・高血圧
・虚血性心疾患(心筋梗塞、狭心症)
・脳血管障害
・糖尿病
・不整脈
・突然死

 

睡眠時無呼吸症候群は、夜間睡眠中の上気道の閉塞が原因で
低酸素状態が繰り返されます。
そのため自覚症状がある方は、早めに医師に相談しましょう。

 

ただ夜中にトイレで起きるだけではなく、
命にかかわる可能性があります

 

 

 

>>> 夜中トイレがもたらす実害<仕事の効率低下>のページを読む

 

>>> 頻尿改善!夜中トイレの原因を解決のトップページに戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加