頻尿改善!夜中トイレの原因や悩みを解決

頻尿が始まったタイミング

私がもしかして頻尿!?
と思い始めたのは、大学生の頃です。
この頃から時々夜中にトイレで起きていました。

 

 

 

私は大学から一人暮らしを始めました。
自由で毎日が楽しいと感じる半面、
食生活や睡眠サイクルは乱れていました
バイトから帰って来て(11時ころ)ご飯を食べ
朝は、8時~10時まで寝ていました。

 

 

 

高校生の頃は、毎日授業があるため、
朝7時には起きていました。
両親が食事を作ってくれたので、
栄養バランスがとれていたと思います。

 

 

大学から極端に生活サイクルが変化したのも
頻尿と関係しているかもしれません。

 

 

 

ただ大学の頃は、朝は比較的余裕がありました。
そのため、夜中にトイレで起きてしまっても、
翌日それほどダメージはありませんでした。
授業に行ったり、行かなかったり。
単位はちゃんと取っていましたよ。

 

 

 

就職してから、夜起きる辛さを体感しました。
目覚めてからも眠気はMaxで、
とても会社に行こうと思えません
(>_<)眠い、身体が重い、しんどい・・・・

 

 

 

ただし、この頃はまだ毎晩ではなく、
3日に1度くらいの頻度でした。
それから症状が悪化してきました。
20代後半には2日に1回は起きるようになりました。

 

 

 

仕事は忙しくなる。
責任範囲は広くなる。
人間関係でギクシャクする。
夜中トイレに行くため、
翌朝は眠たくて身体が重くなる。

 

 

 

この環境は堪えました・・・
・日中に運動をする。
・寝る時に足を暖める。
・寝る前の水分補給を控える。
どれもいまいち効果がありませんでした

 

 

 

泌尿器科の診断では「異常なし」でした。
そして、薬を処方してもらいましたが、
効果はありませんでした。
薬は副作用が怖いので極力避けていました。
効果がないことを知り尚更使いたくないと思いました。

 

 

 

私は腎臓が弱くて冷え症、痩せ型体型です。
何とかして改善したいと思っていましたが、
なかなか対策が見つかりませんでした。
途中からは”改善のしようがない”
と諦めかけていました。

 

 

 

20代は、まだ若くて体力もあったので、
寝不足でもやり切れました。
ただそのマイナスをカバーするかのように
週末は昼過ぎまで寝る生活が続いていました。

 

 

 

>>> 30代に入り症状が悪化してきましたのページを読む

 

>>> 頻尿改善!夜中トイレの原因を解決のトップページに戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加